鍵のジャラジャラを防止するには?

鍵 ジャラジャラ 防止

あるアンケートによると、普段、鍵を2個以上持ち歩いている人は全体の76%いるそうです。

つまり、あの鍵と鍵のぶつかりあうカチカチ、ジャラジャラを8割近くの人が経験しているということになります。

そこで、今回は鍵のジャラジャラ音の防止についてその方法を紹介します。

 

目次

・王道のカギの持ち方はキーホルダー
・鍵キャップは有効か?
・腰に鍵ってオシャレなの?
・鍵ジャラジャラ防止で本当にオススメなのはコレ!

 

 

王道のカギの持ち方はキーホルダー

鍵のジャラジャラ防止を考える上で、まずは一般的な鍵の持ち方から見ていきたいと思います。

まず王道といえばキーホルダーですよね。

 鍵 キーホルダー

言ってしまえば、これこそがジャラジャラの原因。
鍵をひとまとめにするから、鍵と鍵が擦れ合いジャラジャラ音がするわけです。

まあ、説明するまでもなく当たり前のことですね。

極端な話、鍵を別々に持てば、解決することなんですが、小さいものなので紛失を避ける意味で、やはりひとまとめで持ち歩きたいですよね?

 

 

鍵キャップは有効か?

なら、キーホルダーを使ったまま音を軽減するのに、ある程度有効なのが鍵キャップ。

これは、鍵の持ち手の部分につけるカバーです。

キーカバー

ラバー製や革製のものが多く、見た目や持ちやすさを兼ねてつけるケースが多い様です。

このカバーを付けることで、音に関する問題は概ね解決しそうです。

 

 

腰に鍵ってオシャレなの?

次に考えたいのが、見た目のジャラジャラです。

一個二個の鍵なら鍵キャップ(キーカバー)で見た目も良く持ち歩けそうです。

しかし、それ以上の鍵だとやはりごちゃごちゃしちゃいそうです。

まして、それを腰につけたら・・

腰 ジャラジャラ 鍵

当社アンケートによると実に83%の人が、鍵のジャラジャラはダサいと答えています。

音以上にあのごちゃごちゃした感じが不評なんです。

どうやら、持ち方そのものを工夫した方がいいのかも知れません。

 

 

鍵ジャラジャラ防止で本当にオススメなのはコレ!

キーオーガナイザー

今、新しい鍵の持ち方として注目されているのがキーオーガナイザーと呼ばれるアイテム。

これは、ヴィクトリノックスのマルチツール(昔風に言えば十徳ナイフ)と同じ感じで鍵を収納するというもの。

必要な時に必要な鍵を、取り出して使う感じがとってもスマートです。


スマートキーはどうするの?

スマートと言えば、車に代表されるスマートキーは残念ながらこのキーオーガナイザーには収納できません。

そこで、スマートキーだけは独立させてこんな感じで持つ人が多いようです。

スマートキーとキーオーガナイザー

 

 

キーオーガナイザーでオススメの3種

KEYKEEPA CLASSIC

KEYKEEPA CLASSIC

ギア感が男心をくすぐる、スチール ボディを採用。

アウトドアシーンにもぴったりハマる、傷すら味わいになる!ハードに使いたい商品。

 

KEYKEEPA レザー

KEYKEEPA LEATHER

ドイツ国内で作られた高級ヌメ革を使用した、ワンランク上のキーオーガナイザー

ヌメ革の特有の使い込むほどに、味わい深くなる、まさに一生モノ。

 

KEYKEEPA ループ

KEYKEEPA LOOP

LEATHERシリーズと同じくヌメ革を使用した製品。

鍵の収納本数が少ない方向け。

型崩れしないように補強が入っている。

前の投稿 次の投稿

コメントを残す

コメントは公開する前に承認されなければなりません