置き忘れアラームが頻繁に鳴る場合の原因と対策

置き忘れアラームが頻繁に鳴る原因で一番に考えられるのが、Androidスマートフォンに搭載されている「電池の最適化」と言う機能が影響してしまっている場合です。

この「電池の最適化」がオン(有効)になっていると、バックグラウンドで動いているアプリのネットワークアクセスを遮断してバッテリーの消費を抑えます。

スマートフォンがスリープ状態になる度に、この電池の最適化が有効になります。

このタイミングで毎回、ORBITデバイスとの通信が遮断されてしまうため、置き忘れアラームが作動してしまいます。

電池の最適化をオフにする。


1.ホーム画面→設定→バッテリーメニューを選択します。

2.バッテーリー画面→電池の最適化→アプリ/その他すべて→ORBITアプリ→機能をタップします。

項目をタップする度に設定/解除が切り替わります。

電池を最適化しない様にしてください。

尚、Android機によって設定方法が異なりますのでご注意ください。

その場合は個別の機器マニュアルをご確認いただき、電池の最適化をオフにする様にしてください。



コメントを残す

すべてのコメントは公開される前に管理されます