もっと家飲みを楽しむための、おすすめハイボールグラスの選び方

まもなく夏本番!暑い一日を乗り切った締めは、よく冷えたハイボールでしょ!と言うことで、今回はワンランク上に感じる、ハイボールグラスの選び方について紹介します。

 

 《目次》

美味しいハイボールとは
美味しいハイボールの作り方
おすすめ!ハイボールグラスの選び方

 

美味しいハイボールとは

ハイボールは爽快感を楽しみむスタイルの飲みのもなので、炭酸が効いて、キリッと冷えて、ウイスキーの風味が引き立っている事が、その条件と言えます。

つまり、ハイボールグラスはこの条件を損ねないグラスを選べば良いわけです。

※ウイスキーの銘柄選びも重要かつ楽しみでもありますが、今回はハイボールグラスがテーマなので割愛します。

 

 

美味しいハイボールの作り方

【1】グラスに氷をぎっしりと入れる。

大きめの氷を入れてしっかり冷やすことで、爽快感が増しますし、見栄えもよくなります。

 

【2】マドラーでステア(かき混ぜる)してグラスを冷やす

いきなりウイスキーを入れず、まずは氷だけの状態でくるくるとかき混ぜます。
冷たさを、グラスを持つ指先に感じたらOKです。

 

【3】溶けた水を捨て、氷を追加する

ステアすることで溶けた水を捨て、隙間が生まれるようなら氷を追加します。

 

【4】ウイスキーを適量、注ぐ

美味しいハーボールの黄金比率はウイスキー1に対して炭酸水4と言われています。家飲みだと適当に作ってしまいがちですが、ここはひと手間、ワンショット(30ml)を計量して注ぎます。

計量には定量ポーラーやワンショットディスペンサーもありますが、メジャーカップ(ジガーカップ)が気分も上がっておすすめです。

 

【5】再びステアしウィスキーを冷やす 

 ここでいきなり炭酸水を入れないことがポイント。ウイスキーをしっかり冷やすことで炭酸が抜けにくくなります。

 

【6】炭酸水を注ぐ

直接氷に当たらないように、グラスの縁に沿うようにゆっくりと注ぎます。
氷に当てて炭酸水を注ぐと、炭酸が抜けてしまいますので注意しましょう。

 

【7】ごく軽くステアする

炭酸を入れることでほぼ混ざっていますので、マドラーを底に沈めて静かに掬い上げるイメージです。

ちょっとしたひと手間で、家飲みハイボールが格段に美味しくなるので、ぜひお試しあれ。

 

 

おすすめ!ハイボールグラスの選び方

ようやく本題に入ります。美味しいハイボールを飲むには雰囲気も大事。
グラスを変えるだけで、家飲みがグッと楽しくなりますよ。

 

【形状】

ジョッキタイプ・・・居酒屋っぽい雰囲気でごくごく飲みたい人向けではありますが、美味しいハイボールの条件を考えると、あまりオススメできません。

タンブラータイプ・・・種類が豊富なタンブラーの中では、ゾンビグラスと呼ばれる縦長の口が狭いグラスが、炭酸が抜けにくくオススメです。

 

【容量】

個人差はありますが、氷が溶け切る前に飲み切れる量の400ml前後のものがオススメです。

 

【素材】

素材は好みの分かれるところですので、用途などに応じて使い分けるのもありです。

ステンレス・・・ 真空断熱構造のものは保冷力が高く、飲み頃の温度を長く維持できるのがメリット。逆に構造上どうしても飲み口が厚くなってしまうのがデメリット。

シングル構造のものは、ガラスに比べると熱伝導率が高いので、口にしたときのひんやり感が楽しめます。

 

銅・・・銅製のタンブラーの特徴はなんと言っても熱伝導率の高さ。
冷たさがダイレクトに伝わるので、暑い時期、よりひんやり感を楽しめます。
その分、表面に結露ができやすいのがデメリット?

 

ガラス・・・視覚的にも楽しめるのがガラスのメリット。グラスの中のハイボールと氷を愛でながら、まさに五感を使って味わうことができます。

 

【まとめ】

ハイボールに適したグラスは、炭酸が抜けにくい縦長で口が狭い360ml前後の容量でより飲み口が薄いもの。

前の投稿 次の投稿

コメントを残す

コメントは公開する前に承認されなければなりません