ABOUT


OTONA-MONOとは

私たちの目指すもの。

それはただのネットショップではなく、エシカル ネットショップ。



エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞である。近年は、英語圏を中心に倫理的活動を「エシカル(ethical)○○○○」と表現し、エシカル「倫理的=環境保全や社会貢献」という意味合いが強くなっている

出典:Wikipedia

その上で、カッコよくて高品質なモノを 提案する、新しいオトナのためのECサイトです。

私たちがやらないこと

それは自社製品において「中国製品」を使わないこと。


これまで私たちのような小規模事業者にとって、製品化のしやすさ、価格の安さなどで、中国製品を使うことはある意味、マストでした。

しかし「大量生産・大量消費・大量廃棄」を前提とした中国製品を販売し続けることは、サスティナビリティの概念からも乖離しますし、その製品がいつ、どこで、どんな方法で、だれによって作られたのかの、私たち事業者が把握しきれていない実情がありました。

実際に中国のチタン製品に緑青(ろくしょう)が発生したなどの信じられない事が発生したりしています。


このことは、これからの時代において、ふさわしくないと考えました。


※緑青とは銅や真鍮などに発生するサビの一種

※もちろん素晴らしい中国製品もたくさんあります。


日本での「ものづくり」に挑戦します!

私たちEC事業者にできるエシカルな行動とは、より環境に配慮した素材を使って、より良い品質の製品を作ること、販売することだと考えました。


辿り着いた答えは「日本で製品を作ろう」ということ。


私たちは、実際の取引を通じて、日本のものづくりの取り組み方を知っていましたし、その力を感じてもいましたので、それは当然の帰結でした。


しかし、日本でのものづくりは予想以上にハードルが高い。

製品のデザイン、設計、試作品の制作、金型、費用ももちろんですが、それらの情報が本当に少ない。


と言うのも、多くの工場では技術力が高いものの、0→1を生み出す事がほとんど無くなっていたのです。

ですからその都度、その分野の専門家を探すところから始まります。

まさに、すべてが挑戦です!

すべて公開します

現在、大手ECサイトでは、中国のECサイト経由で名前だけ付け替えた、同じ商品が大量に出回っています。

オリジナル商品のごとく振る舞っていますが、どこで作られているのかすら良くわかっていない。


人気商品に形だけ似せた安価な商品も数えきれないほどあります。

そして、サクラレビューのオンパレード。


そんな状態が良いとどうしても思えません。

そこで、私たちは思い切って、商品の企画段階から、すべてを公開することにしました。

商品の完成までを、ユーザーのみなさんと共有することで、ご安心いただけると同時に、商品に愛着も感じていただけるのではないかと考えたからです。